» 2014 » 7月のブログ記事

にきび治療や、にきび跡を目立たなくするためにフォトフェイシャルが効果的です。どんなことをして、フォトフェイシャルは美肌効果を高めるのでしょう。フォトフェイシャルでは、一定の波長の光を皮膚にあてることで、メラニン色素の排出を促すという美容施術です。にきび跡が陥没しているような部分も、コラーゲンの生成を促してふっくらとした状態にします。にきびを治療する先端技術として、フォトフェイシャルは関心を集めています。フォトフェイシャルの効果は、にきび治療だけではありません。フォトフェイシャルは、ふっくらとした白い肌になりたいという人におすすめです。フォトフェイシャルがにきびに効果があるのは、にきびの原因菌でありアクネ菌がつくる物質を、フォトフェイシャルの青い光が殺していくためです。敏感肌の人も、光の照射時間が短いフォトフェイシャルならば、安心して受けられます。フォトフェイシャルは、終わってからしばらく肌を休ませれば、あとは化粧をすることもできますし、シャワーも浴びられます。レーザーによるポイント治療と違って、フォトフェイシャルはにきびだけでなく、しわやにきび跡のような症状を軽くすることができます。にきびやにきび跡がなかなか治らず悩んでいる人は、一度フォトフェイシャルについて検討してみてはいかがでしょうか。

紫外線の害が問題視されるようになってから、紫外線カット商品を店頭などでよく見かけます。商品の解説には、紫外線を散乱させたり、吸収することで肌に到達しないようにしているようですが、どんなやり方なのでしょう。光とはどんな特性があるかを知ることで、紫外線カットについてわかります。光とは、紫外線以外にも、幾つかのパターンがあります。可視光線は、私達が目で確認することができる光です。これに対して、紫外線は目では確認できない光です。紫外線と同じように見えない光には、赤外線やエックス線などがあります。波長の違いによって分けられています。この光の波長と、見える、見えないの違いを知ることが、紫外線カットの手がかりになります。光が物を反射し、目がそれを捉えることで、色の違いがわかります。黄色いものは、黄色い波長の光だけを反射して人の目に届けます。これで人はものを黄色く見るのです。光は何かにあたった時に、特定の波長が吸収され、特定の波長が跳ね返るようになっています。この特性を用いて、紫外線を吸収し、肌に届かないようにカットします。紫外線は光なので、紫外線の波長の光が肌に届く前に吸収してしまえば、皮膚に紫外線が当たることなくカットすることができるのです。